50代から生命保険の見直し

子供が学校卒業したら保険は見直すべきだな

ポイントはどこでしょう。

 

 

何が今の私にとって何を優先させるべきなのでしょうか?

 

 

保険料を安くしたいけど、
昔からのなじみの営業マンとの付き合いで保険会社は変えられない。。。

 

これがおおきい。

 

あとは、
保障内容の充実を優先させるべきか。

 

 

  • 保険金の金額をおさえる
  • 保険期間の見直し
  • 死亡保障はどうする?必要?
  • 医療保障はどこまでの範囲?
  • 介護保障はどうする?

 

とにかく様々な項目を想定しますよね。

 

この中で自分が一番と思う項目を最優先しましたら。

 

全部、掛け捨てで間に合うかも!
という結論になった。

 

2番目、3番目と優先順位を決めていったけど、どうにも、どうにかできるぞ、と思ったわけです。
これは、後に本格的な見直しを行う場合に、非常に決めやすくなります。

 

生命保険を見直す主な理由

だいたい生命保険は、保険の中でも最も見直すべきことが多いです。

 

とにかく、分かりにくいことが多い。

 

私の場合は、
会社員から自営になって、生命保険は全てやめました。

 

定期保険とか
医療保険といった種類の保険の制度がほんとに、どこまで役立つのか、必要か?

 

年間、なんのために、いくら払っている?

 

 

ポイントは。
保険金や内容は変わらなくとも、
保険料が毎年、もしくわ新しい商品が出て営業マンの言うとおり変更して
保険料が高くなるケースがある。

 

 

こある意味仕方がないことかな?

 

保険料が高くなれば、生活も苦しくなったらおかしいですよね。

 

更新とか、家族構成、年齢を踏まえて保険を見直しをした訳です。

 

別の会社に移ったり、プランを変更したり。

 

ほんとに、
終身保険に加入していれば、老後の心配は無用ですか?

 

そんなばかな。

 

60歳や65歳の区切りで満了を迎える保険の場合はどうするか。

 

いろんな選択を迫られることになりますね。

 

恐怖の商売ですから、
「もしも」とかいってどんどん恐怖の部分を押し出してくると、つい、更新なんて。。。

 

真面目に考えると、
掛け捨て保険だけでも、十分な保証はありましたよ。

 

ま〜私の場合ですけど。